野菜

ニキビの予防・改善のためにビタミンC

ニキビの予防・改善のために摂りたい栄養素がビタミンCです。ビタミンCはどのようにニキビに働きかけるのでしょうか。

ニキビの原因は毛穴のつまりです。古い角質が蓄積して毛穴がふさがれ、毛穴内部に皮脂がたまってニキビができます。

皮脂の分泌を活発にする原因の一つがストレスです。ストレスを感じると交感神経が優位になって、皮脂分泌が促されます。ストレスを感じたときには、ストレスに対抗するためのホルモンが副腎から分泌されます。このホルモンを作るためにはビタミンCが必要です。

交感神経が活発になると活性酸素が発生します。活性酸素は肌環境を乱し、ニキビができやすい状態になります。活性酸素に対抗するのもビタミンCです。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促して、ターンオーバーを整える働きもあります。ターンオーバーの乱れは古い角質を蓄積させます。ターンオーバーが整えば、毛穴つまりの原因になる古い角質の蓄積を予防できたり、ニキビ跡の改善が期待できます。

背中ニキビに悩んでいる場合はジュエルレインを使いつつビタミンCが多く含まれている野菜や果物を食べる習慣を付けることで効果が期待できます。

ビタミンCが多い食べものは、レモン、イチゴ、キウイ、パセリ、赤ピーマン、ブロッコリーなどです。一度に大量に摂取しても排泄されてしまいますが、こまめに摂取していれば効率的に吸収されます。熱に弱いのでできるだけ生で食べることがおすすめです。